以前ブログに投稿しましたように、クライアントの25周年の祝賀会に参加させていただきました。

私は特許担当ということで、来賓としてスピーチをさせていただきました。私の出番は、なんと、国会議員の先生の後でした。国会議員の先生はお話が本当に上手いですね~~。人を引き付けるようなお話をされました。この方の後におれなの~?と思いつつ、やっぱり引き受けなきゃよかったなあという後悔をしている暇もなく、私の出番がきました。

ある程度の話の流れを考えてきましたが、国会議員の先生のお話を聞きながら、あれが足りない、これが足りない、と気づき、アドリブで必要事項を加えながら、考えてきたこととは全く異なる内容を話しました。とにかくよい発明であること、これから各国での権利化の手続きをしなければならないこと、の2点が来場された皆様にお伝えしなければならない内容で、それらについては理解していただけたと思います。ただ、考えていたこととは全く違う流れになってしまいました。

人前で話すことの難しさを学ぶことができました。今後も数十人の人の前で話す機会があるかと思いますが、もう少し要領よく話せるようにリハーサルをしっかりやろうと思います。

いい経験になりました。次に活かせるようにしたいと思います。