本日の午前中は、今週のはじめにご予約を承っていたクライアント様からのご相談に対応させていただきました。

1つ目は外国での拒絶理由通知への対応方針に関するご相談でした。メールで何回かやりとりをさせていただいており、現地代理人へいくつか質問をしていただいておりました。現地代理人のコメントでは、その補正では厳しいでしょう、ということでした。しかし、引用文献には思いっきり阻害要因が記載されており、当業者なら明らかにその補正の範囲に思い至ることはないですよね~、という意見で一致しました。このため、当初の方針で対応することになりました。万が一それが覆されるなら、その国の判例(どの国でも共通している判断かと思われます。)に反する判断となりますので、その点の主張も盛り込むことになりました。何とか特許になってください!!といった感じです。

2つ目は、すでに受任している新規案件のご説明と、必要事項の抽出に関するご相談でした。クライアント様は、通常では特許にならないような範囲での権利化を強く望まれており、何とか特許権を取得したいとのことでした。小職の得意とする分野のご発明ですので、特有のプラクティスをフル活用して何とか特許を受けることができるように頑張りたいと思います。