意匠登録出願も特許や商標と同様に早期審査制度があります。

要件の1つとして、権利化について緊急性を要する実施関連出願が掲げられています。

要するに、

出願人もしくはライセンシーが実施もしくは実施の準備を相当程度進めている出願であって、

1.第三者が許諾なく実施もしくは実施の準備をしていること

2.出願人などの実施について第三者から警告を受けていること

3.第三者から実施許諾を求められていること

のいずれかに該当することが要件になります。

この他にも外国関連出願の場合にも請求することができます。

様式などはこちらをご覧ください。