台湾の早期審査制度には、発明特許早期審査(AEP)制度と、台日特許審査ハイウェイ(PPH MOTTAINAI)制度、の2つの制度があります。

詳細はこちらをご覧ください。

 

PPHは日本のクレームと同一でなければ適用されないようです。AEPの方が使い勝手がいいと思います。

ただ、早期審査は、翻訳文を提出し、審査が開始された後でなければ申請をすることができないそうです。

このため、台湾での早期権利化は、翻訳文をどれだけ早く作成するか、にかかっていることになります。