少し前になりますが、商標に関して特許庁から以下のような動画が配信されました。


提供:特許庁

商標がパクられた場合には、名称変更、変更後のブランド信頼度の回復、再公告など、
困ることが沢山生じてきます。もちろん、動画にありますように、パクった人に対して拳法で打ち負かすわけにはいきません。

これまでのご相談を踏まえると、パクられそうになった、またはパクられたご経験がおありの企業様などは、商標権の重要さを
ご認識しておられ、積極的に権利取得を行っているように見受けられます。
ただ、問題が起きていない場合には対応が遅れてしまいがちです。
要は、パクられる前に出願しておいた方が無難であることが言えます。
これは、商標に限ったものではなく、アイディア、デザインも同様です。

これらの権利取得は、弁理士が専権業務として対応可能です。

弁理士に関しては、弁理士会から以下のような動画が配信されています。

提供:日本弁理士会

この動画だけですべてがわかるわけではありません。

スタートアップ企業様をはじめ、アイディア、デザイン、マークの保護をご検討の方は、弊所にお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらです。